ハリネズミのジレンマ

ハリネズミのジレンマのように、貴方に適度な位置で話を聞きます。

映画の話。この世界の片隅に

少し前になるけど、この世界の片隅にという映画を見て来ました。

 

戦争に関わるテーマで、広島県民としては見ないわけにはいかなかったので。。。

 

でも、見て、後悔しました。

 

戦争そのものの記憶を残すことは必要で、

反戦教育そのものも絶対的に必要です。

 

人は忘れる生き物で、戦争が繰り返されるほど愚かではないと信じたいけど、

それには教育という土台が必要と思うからです。

 

でも私が必要と考える反戦教育は、ロジカルなもので、

 

原爆が落ちたらこんなに凄惨で、とか

人の体に蛆がわくとか、

 

そういうところは、もう強調すべきところではないと思うのです。

 

なぜ戦争が悪なのか、考えればわかるでしょう?

 

確かに原爆に苦しまれた方がおられるのは現実だけど、

無意味に原爆の被害だけを強調しているように見えたので、

 

私はこの映画はおすすめしません。