ハリネズミのジレンマ

ハリネズミのジレンマのように、貴方に適度な位置で話を聞きます。

映画の話、何者

前回、何者のレビューを書いたはずなのに、酔ってたせいか、中身が無い。。。

 

という事で書き直し。

 

何者という映画の主題は、就職活動の話。

 

でも本当はもっと大きなソーシャルなものがテーマでした。

 

自分をどう見せたいか、そこに関わるSNSなどのソーシャルツールの使い方や、

現代への影響、余波、全てがあいまって苦しんでいる現代人の

 

言外のプレッシャー、みたいなものを

 

淡々と描き、少しずつ苦しさが顕になる、

 

今の世界で生き抜かなければいけない人の苦しみに共感出来る、

 

なかなか切ない映画でした。

 

今、苦しいよね。情報戦とは言いながら、ブラウジングとスクリーニングが上手い人は敬遠される。

なんかストーカー気質みたいなものを疑われて、

 

必要なスキルなのに、悪のように思われる。

 

そこに介在するスキルがITだからか?でもこれからはICT活用と言ってるのに??

 

その矛盾をついた良いテーマでした。

 

私にとっては。