ハリネズミのジレンマ

ハリネズミのジレンマのように、貴方に適度な位置で話を聞きます。

映画の話。いろいろ。

5月19日 メッセージ

6月5日 光

6月14日 昼顔

6月21日 22年目の告白 私が犯人犯です

6月28日 TAP The Last show

 

と、ほぼ毎週見にいってるものの、、

本業が忙しい合間をぬって行ってるので、レビューを書く暇も無く。

 

で、この中で一番どれがおススメ?ともし聞かれたら、

 

22年目の告白が一番良かったなあ。

 

メッセージと光は見なくても良かったな。

 

最近、初めて映画をお勧めし合える友人が出来ました。

22年目の告白は、主人公の顔が嫌いなので見に行くか迷ってましたが、友人がお勧めするので見に行って正解でした。

 

私も、彼におススメできる映画を探さねば。

映画の話。帝一の国

単なるコメディ映画かと思ったら、

 

なんのなんの、

 

物凄く面白かったですよ。

 

 

ある人が言ったのです。

 

権力というのは、それを手に入れる立場になって初めて魅力が分かり、

そしてその魅力は、太刀打ち出来ないほど魅惑的なものだと。

 

だから、私のような一般人に、その魅力は分からないのです。 

 

想像するのすら難しいのでしょう。

 

でも、権力を正しく使える人と、そうでない人が居る事くらいは、想像出来ます。

 

魅力に、立ち向かえる人が、上に立つべき人なのでしょうね。

 

映画の話。美女と野獣

これまでアニメも四季も見た事ないけど、

 

人の本質は美醜じゃないよ、てか。

 

人の本質は、美醜に現れると思うのよね。

 

美女と野獣の場合は姿そのものが変わってるので完全に合致しないけど、

 

メッセージとしての、人の本質という事なら、

 

人の姿に現れると思うなあ。

 

気品とか、佇まいとか、だけどね。

 

映画の話。ライオン 25年目のただいま

実話だそうですね。

 

自分のルーツを探す事にこだわった映画でした。

 

が、

 

胸には来ませんでした。

 

自分のルーツは大事だけど、

 

過去に遡る事にチカラ入れすぎなんじゃ?と思ったので。

 

私なら、これからをどう生きるか、

今の資源をどう生かすか、

 

これを考えたいです。

何でも無い話。洗礼式への第一歩。

今日、洗礼を授けて下さるであろう神父様とお会いしました。

 

洗礼を受けるきっかけは何?と聞かれました。

 

私もそこは迷うとこで、

 

病気の事や、これから選択する道、色々考えましたが、

 

時が来た

 

としか言いようが無い。

 

 

あるひとに、

 

貴女の人生失敗だったね、と言われた事や

 

 

助けて欲しい時に助けて貰えなかった私の振る舞い、

 

色々考えて、

 

全てが重なり合った日々の、

 

これが第一歩なんだなと

 

腑に落ちたのが、洗礼なのです。

 

神にだけは、愛されたいと思うのは

 

贅沢な事なんですかね。

何でもない話。何故洗礼を受けるか。

私は幼稚園、高校、大学がミッションスクールでした。

 

主の祈りも幼稚園で覚えてたし、

神はそこにいつも在りました。

 

神は在るもの。

 

大学でそう教わって、腑に落ちました。

 

神はそこに在る。

 

沈黙の意味、神は在るという意味、

 

全て同じ神父様に教わりました。

 

神父様に、洗礼を受けたい、と言うと、

 

改心したのか?と聞かれたのだけど、

 

きっと

 

改心ではなくて

 

会心

 

なんだと思います。

 

これが、沈黙の意味。

 

答えはいつも自分の中にある。

 

私が選んだ道には、神が在る。

 

神が私のそばに在る。

 

頑張りなさい、と

 

そう言われているようで、

 

自ら洗礼を受ける決断をしました。

 

頑張りなさいと言う言葉は大嫌いだったのに

 

神が言うと違うのですね。

 

 

 

癌晴りますよ。